赤い爪

小鼻を小さくする整形の注意点

笑顔の女性

時々小鼻の美容整形に失敗した、という話を聞くことがあります。小鼻の整形で失敗しないために知っておきたい注意点を考えてみましょう。
まず、知ってもらいたいのが、小鼻を小さくすればそれでいい、というわけではないことです。最初にどういった鼻になりたいのかを明確にしてください。一口に小鼻を小さくする、といっても手術法だけで色々な選択肢があります。鼻の形によって、どういった方法が適しているのかも違ってくるので、事前にイメージをしっかりと持つことが大事です。お医者さんに自分の意思をきちんと伝えてから、入念な話し合いを行いましょう。
次に、どこの病院のどのお医者さんにお願いするかを考えましょう。小鼻を小さくする整形が成功するかは、お医者さんの腕やデザインにかかっています。事前に口コミを見ることはもちろん、カウンセリングを行って自分で見極めるのも重要です。説明を丁寧にしてくれる方、要望を聞いてくれる方にお願いしましょう。
最後に重要なのが、手術した後の対応です。お風呂に入ってはいけない期間やメイクを行ってはいけないといった注意事項を知らされると思います。これを守らないと、手術の後が悪化してしまう可能性があります。自己判断で勝手なことを行わず、お医者さんの指示にしたがいましょう。
以上のことに気を付けて、理想の鼻を手に入れましょう。

カウンセリングは必ずしましょう

鼻は顔の中心にあるため、とても気になるパーツのひとつです。顔の印象は鼻で決まるともいわれており、顔の中心に位置する鼻が変わると全体的な顔の雰囲気も変わってしまうといわれています。整形級メイクとして小鼻を小さく見せるメイクもありますが、限度があるのが現状です。
鼻の整形の中でも多いのが小鼻を小さくする整形手術です。今は色々な整形手術の方法がありますが、メスで切るのが怖いという方は、切らずに小鼻を小さくする方法もあります。メスを使用しないかわりに糸を使って小鼻を小さくする方法です。切らない手術のメリットとは、すぐにメイクが可能で仕事にも支障をきたさないこと、効果は半永久的に持続し仕上がりも自然なこと、傷跡が目立たないことがあげられます。
また小鼻はプロテーゼを併用すると見違えるほど変わることもあります。鼻はただ小さくすればよいというわけではありません。あくまでも顔全体のバランスが重要なので、小鼻整形を受けたい場合は理想の小鼻にするように医師にお願いするのではなく、顔全体のバランスも考えて助言してもらうと後悔しない小鼻整形をすることができるでしょう。
どの病院も無料カウンセリングを行っているので、気になる方は相談にいってみましょう。

小鼻を目指して好きな自分になりませんか

美容整形という言葉を聞くと、高い、痛い、とかマイナスなイメージしかわかないかもしれますせんが、今は切らない方法なども存在します。顔の一部を変えるだけで小さく小顔効果にもなります。顔全体の印象も変わります。
鼻のプチ整形では、低い鼻を高くしたい、小鼻を小さくしたいといった悩みを解決する事が出来ます。鼻の部位で言いますと、鼻筋、びはい、鼻先、びせん、小鼻、びよく、の悩みはプチ整形で悩みが、解決されます。
切らない整形は、注射や糸を使ってやる、施術だから可能なのです。プチ整形のメリットは、短時間で終わる。腫れ後が残らないので自然な鼻に仕上がります。プチ整形のデメリットは、注射が外に流れてしまうと鼻の幅が広くなってしまうことがあります。液体なので、不要になったときに全てを取り出すのは不可能です。プチ整形をすると決めましたら、まず医者とのカウンセリングを予約し、カウンセリングを受けます。自分の小さくしたい希望をきちんと伝えます。
プチ整形の場合ほとんど当日施術が可能です。もちろん無理に当日施術を受ける必要はありません。医師に満足できなければ他の所でお話を聞くことをおすすめします。施術後何も問題なければ、帰宅できます。
切る整形に比べて、腫れがほとんどありません。小鼻の施術を受けた当日控えたいくつかございますが1度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがですか。


小さな鼻はどんな女性でもなりたいものですよね。小鼻というだけで顔のバランスが整い、美形の女性に見られます。そんな顔立ちになりたいなら小鼻小さくへお越しください。小鼻へと鼻を小さくする手術が受けられるので、美しい顔立ちが手に入りますよ。

CHOICES POST

美しさのために小鼻整形を

鼻が大きい、というのはあまり美しくないと思っている人が多いです。美的感覚はそれぞれではありますがそうした考えを持っている人は多いいでしょう。そこでどうしても悩んでいるのであれば鼻を小さく出来る小鼻整形をする、というのも検討してみるとよいでしょう。…

TOP